30代からの小さな首イボの原因の多くは皮膚の老化

首イボは、ウイルス、加齢、体質などが原因で出来ると言われています。

特に30代を超えてから出来る首のまわりの小さなイボは、加齢による皮膚の老化で発生する事が多いようです。これらのイボは皮膚の弱い場所に出来やすく、首以外には脇の下、胸などにも発生します。

ほとんどは30歳以降に発生し、更年期を過ぎた女性や肥満の方に多く見られます。

一般的に首イボと言いますが、医学的には大きさによって名称が違います。2、3mmで多発しやすいものをアクロコルドンまたはスキンダック、直径1㎝程度の大きなものを軟性線維種、それ以上のものを懸垂性線維種と呼び、人によっては1つだけだったり、多発する場合があります。

これらのイボは良性の場合が多く、特に心配する必要はありませんが、加齢に伴いどんどん増えて大きくなっていく事があります。

中には急に大きくなったり、出血する、黒や茶色などの色がある、直径が7mm以上など悪性を疑われるイボもありますので、何か変化を感じた時は自己判断せず、早めに皮膚科で診てもらいましょう。

治療法には内服薬、医療用ハサミでの切除、レーザーや液体窒素での冷凍凝固などがあります。

それぞれ費用や痛み、見た目などのメリット、デメリットがあるので医師と相談しながら決めると良いでしょう。首イボは、首や胸元の紫外線対策をする事で予防できますので、日頃のケアを心がける事をお勧めします。

改善するための手助けとして、『首のイボ』というサイトがとても参考になります。
一度覗いておくと良いかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>